会社概要

企業理念

人と健康との関わりを追求する西都ヤクルト
「健康で住みよい豊かな社会づくりに奉仕する」−これが私たちヤクルト企業グループの経営理念です。人間にとって、健康であることは最も大きな喜びであり願いであるという考え方のもとに、ヤクルトは誕生し、地域社会の健康づくりに寄与してまいりました。その後、時代の変換に伴い人々の生活様式、生活意識も変化し個性化していきました。
人々の健康に対する考え方や企業に求めるものも多様化しつつあります。 したがって企業もこれら消費者のニーズに適合する商品の開発や販売方法など充分研究し、社会の変化に対応し、企業理念の具体化に向かって尚一層努力してまいります。
代田イズム=健康への情熱、発想「世界の人々の健康を守りたい。」

乳酸菌飲料「ヤクルト」の誕生

ヤクルトの創始者で医学博士の代田稔が京都帝国大学(現在の京都大学)で医学の道を歩みだしたのは、1921年。その当時日本はまだ豊かとはいえず、衛生状態の悪さから感染症で命を落とす子供たちが数多くいました。そんな現実に胸を痛めていた医学生時代の代田は、病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないようにする「予防医学」を志し、微生物研究の道に入ります。
そこで乳酸菌が腸の中の悪い菌を抑えることを発見、これをさらに強化培養することに世界で初めて成功します。それが、今日「乳酸菌シロタ株」と呼ばれる学術名ラクトバチルスカゼイシロタ株という乳酸菌です。その後、代田は、生きて腸内に達し、有用な働きをする「乳酸菌シロタ株」を、一人でも多くの人々に摂取してもらうため、有志と共に安価でおいしい乳酸菌飲料として製品化します。そして1935年、乳酸菌飲料「ヤクルト」が誕生しました。世界の人々の健康を守りたい。代田稔の情熱と発想、あくなき探求心は、今も、脈々と受け継がれています。